THE BLOG

07
7月

練習の質と効率を上げる方法

神奈川県藤沢市にてマンツーマンのギターレッスンを行なっているFS Guitar Schoolのしゅうです。

 

 

さて、みなさん普段ギターを弾いていて「毎日の練習時間が取れない」「ギターを毎日弾いているが思ったように上達しない」「長年弾いていたがブランクが空いてしまってスムーズに指が動かない」等々、様々お悩みはありませんか?

 

 

実際にレッスンやカウンセリングなどを行なっているとこういった声は非常に多く聞こえてきます。

 

 

やはりギターという楽器を弾く上で普段の生活の中で使わない動作がとても多いのでその動作を毎日意識的に行う事が非常に重要です。そこからある程度の所を超えコツを掴む事により上達し続けるループに到達するのでギターを弾く事がより楽しみになるでしょう。

 

 

また、そういった動作は自転車に乗れるまでや逆上がりが出来るまでと同じで、一度覚えてしまえばなかなか忘れる事はありません。

 

 

ただし、ある程度自由に弾けるところまで到達してもギターを弾かない期間が長くなるとスポーツなどと一緒でギターを弾くための基礎体力や身体動作などが衰えてしまう事があります。

 

 

そういった場合にも意識的に練習に取り組む事でより短期間で以前のようにギターが弾けるようになるでしょう。

 

 

 

それでは前回の記事「こんな基礎練習フレーズいかが?」の文末でお伝えしていた通り時間がない方や練習の効果がなかなか現れない方のための効率的な練習方法のご紹介しようかと思います。

 

 

ちなみに皆さんは練習の際に何か決まった方法やアイディアを持って取り組んでいますでしょうか?

 

 

様々な楽曲の弾き方や様々な効果を狙った基礎練習フレーズなどを覚えたとしても練習の質が低いとなかなか精度があがらなかったり、なかなか効果が出なかったりと悩む事も多いかと思います。

 

 

人それぞれ様々なアイディアや練習方法があるので勿論方法は一つではないのですが、特にどうしてもなかなか時間が取れない方や出来るだけ短期間で上達したい場合にはこういった方法をおすすめします。

 

練習の質と効率を上げる方法

・時間を決める
・同じフレーズをリピートする
・メトロノームを使う
・間違えても止まらずに弾く
・負荷を高くする時はテンポをあげる。

 

 

例えば先日お伝えした「左手強化フレーズ」をテンポ100で1分半止まらずに弾く。もし間違えても弾き直したりせず、リズムを崩すことなく止まらずに弾く。

 

なかなか手刀筋への負荷を感じないのであればテンポを上げるもしくはより高負荷なフレーズに変える。

 

 

テンポと時間を決める事により何も使わなかった時に比べグッと集中力が増し、なおかつ間違えてもリズムの中に居るというルールが付くのでプレッシャーも高くなるかと思います。

 

こういったプレッシャーを練習の中で作り出すことによって例えばライブ本番でのミスなども軽減する事が出来ます。

 

 

実際の僕の基礎練習メニュー

・上半身のストレッチ 
・シンプルなクロマチックフレーズなどでテンポを上げながら1分半×5セット位で軽く指を動かす
・テンポを決めて24個のフレーズを1分半ずつ計36分間止まらずに弾く
・手刀筋に高負荷な基礎練フレーズを2〜3種類テンポを上げながら3セット位

 

時間に関しては100均などで売っているキッチンタイマーをセットしています。

36分間止まらずに弾く際には下の時間表を目の前に置いています。

 

 

 

ちなみにより負荷を高めるためにエレキギターではなくアコースティックギターで行う場合もあります。

 

 

上記のメニューですと合計1時間くらいになりますが、確実にギターを弾くための持久力や運指の精度があがります。

 

 

なかなか時間がとれる方は多くないと思いますが、短時間でもやらないよりかはずっとマシです。皆さんも是非、時間とテンポを決めて練習をしてみて下さい。

 

 

また、こういった練習方法は負荷が高いので怪我などには充分注意する必要があります。前後のストレッチを怠らずに無理のないフォームで行なってください。

 

 

参考になれば幸いです。

 

 

こんな基礎練習フレーズいかが?

 

 

藤沢、湘南台、長後、高座渋谷のギターレッスンならFS Gutar Schoolにおまかせ♪
エレキギター、アコースティックギター、Rock、Pops、Jazz、アドリブ、音楽理論等々なんでもギターに関する事でしたらなんでもご相談下さい♪
FS Gutar School

住所:神奈川県藤沢市下土棚1792-1コーポ土棚1-133

06
7月

おすすめYouTubeレッスン動画(Jazz系)

昨今のスマホの普及によりYouTube動画等でも無料で良質な情報が得られるようになりましたね。

 

今回は僕も個人的によく参考にしていて、皆様にもおすすめ出来る先生をお一人紹介しようかと思います。

 

Jazz系のレッスン動画で無料でこんなに情報が得られてしまうのはなかなか凄いことだと思います。

 

色々な面で「まじで?その情報無料でいいの?(笑)」という感じも多々あるのですが、素直に良い情報は広く知れ渡るべきだと思うのでご紹介いたします。

 

Jazzギターに興味があってYouTubeを良く見る方でしたらすでに知っている方も多くいると思います。宇田大志さんです。

 

・おすすめYouTubeレッスン動画(Jazz系)

 

こちらの動画はドミナントモーションの解説

 

ドミナントモーションって言葉が耳慣れない方は「それなんぞや?」ってなりますよね?

 

ちなみに宇田さんの動画は様々なアイディアを紹介しているものも多いので基本的な音楽理論が理解出来ていないとまったく意味がわからないものも多いです。

 

でも、ご安心下さい。シリーズでゼロから音楽理論の解説もしてます。質量があって動画でもなかなか理解するには難しい部分もあるかとは思いますが根気がある方は是非見てみるといいです。

 

音楽理論についてはJazzのみならず様々なジャンルでも基本的な部分は同一ですのでJazzに興味がない方でも有益な情報だと思います。

 

 

ライブ動画も沢山あがってます。

こちらはジャズミュージシャンが椎名林檎さんの丸の内サディスティックを演奏してみたという動画ですね。

 

あと、「3年後、確実にジャズ・ギターが弾ける練習法」という教則本も出してます。まだ持ってないので僕も一冊欲しいです。

 

 

レッスン動画ではないですがゆるりとお酒を飲みながら話す飲みトークシリーズもなかなか和やかで好きです。

 

 

様々な動画があってなかなか面白いですよね。

 

 

また、緩やかな喋り口調とキャラクターでなんだか見てて落ち着きますよね。

 

 

今回は個人的な趣味の要素が強かったですが皆様の参考になれば幸いです。

 

 

藤沢、湘南台、長後、高座渋谷のギターレッスンならFS Gutar Schoolにおまかせ♪
エレキギター、アコースティックギター、Rock、Pops、Jazz、アドリブ、音楽理論等々なんでもギターに関する事でしたらなんでもご相談下さい♪
FS Gutar School

住所:神奈川県藤沢市下土棚1792-1コーポ土棚1-133

05
7月

こんな基礎練習フレーズいかが?

皆さん、毎日ギターを弾いていてフィンガリングするほうの手が疲れてしまったり力んでしまうような事はありませんか?

 

人それぞれ体格や手の大きさに個人差があるので様々ではありますが、実際のレッスンの中でカウンセリングをしていると非常に多い悩みの一つです。

 

それは何故か?

 

・ギターを弾くための最低限の左手の筋肉、柔軟性がついていない

・曲の練習をするだけではなかなか効率良く、バランス良くそれらがつかない

 

例えばスポーツでも最初から上手にボールを蹴ったり、バットを振ったり、速い球を投げたり、速く走ったり、高く飛んだり…etc しようとするとなかなか難しいかと思います。

 

記憶を辿ると、それらが上手く行えるまでに様々なトレーニングを積んだり身体の使い方を覚えた上で出来るようになった経験が皆さんにもあるかと思います。

 

ギターも同じようにある程度の筋力や身体の使い方が身につくまでは力んでしまって疲れてしまったり、なかなか上手く指が動かないというのが普通かと思います。それを解消するためには意識的な基礎練習が不可欠となります。

 

今回はより自由にギターが弾けるようになるためにフィンガリングを鍛えるシンプルな基礎練習を一つ紹介しようと思います。

 

・手刀筋を鍛える事によりギターを弾くための筋力が鍛えられます。

・まずはメトロノームを使わずにゆっくりフレーズを覚えて下さい。

・フレーズを覚えてスムーズに弾けるようになったらメトロノームを使いましょう。

・ピッキングは必ずオルタネイトで

 

 

フィンガリング強化トレーニング

 

 

いかがでしょうか?

 

このフレーズは筋トレ的な要素が強いのであまりこういったトレーニングを行なった事がない方は少し弾いただけでも筋肉に利いてる感じがするのではないでしょうか?

 

また、こういったトレーニングは一朝一夕ではなかなか効果が出ません。

 

毎日続けて三ヶ月、半年、一年続けた所でやっと効果が実感出来るでしょう。

 

時間が無くなかなか取り組めないという方や、やってみたけど手刀筋への負荷を感じないという方は練習の質と効率を上げる方法を合わせてお読みいただけたらヒントになるかと思います。

 

 

練習の質と効率を上げる方法

 

参考になれば幸いです。

 

 

藤沢、湘南台、長後、高座渋谷のギターレッスンならFS Gutar Schoolにおまかせ♪
エレキギター、アコースティックギター、Rock、Pops、Jazz、アドリブ、音楽理論等々なんでもギターに関する事でしたらなんでもご相談下さい♪
FS Gutar School

住所:神奈川県藤沢市下土棚1792-1コーポ土棚1-133

 

04
7月

僕が音楽理論を学んだ本

実はというと僕は音大も音楽の専門学校も通った事がないので音楽理論というものを誰かからじっくり習った事がありません。

幼少期にヤマハ音楽教室に通っていたりギターレッスンも受けていた事があるのでまったく習った事がないというわけでもないですが、多くの部分はほとんどこの本で身につけました。

この1冊に土台となる部分は全て詰まっています。音楽理論に興味があるならこういう本を1冊持っておいても良いかもしれません。

 

Amazonリンク

 

藤沢、湘南台、長後、高座渋谷のギターレッスンならFS Gutar Schoolにおまかせ♪
エレキギター、アコースティックギター、Rock、Pops、Jazz、アドリブ、音楽理論等々なんでもギターに関する事でしたらなんでもご相談下さい♪
FS Gutar School

住所:神奈川県藤沢市下土棚1792-1コーポ土棚1-133

 

03
7月

ピックのすすめ

楽器屋に行くと小物売り場のコーナーに何種類ものピックが置いてあってどんなものを買えばいいか迷ってしまう事ありませんか?

 

実は僕も未だに迷う事がありますし、長年ギターを弾いていてもピックがころころ変わるという人も多いかと思います。

 

一つ言える事はピック選びの道に正解はありません。

 

 

とにかく色んなピックを試して好みのものを見つけましょうというのが結論ですがスタートラインとして選ぶとしたらオニギリ型かティアドロップ型のミディアムくらいの厚さのものが良いでしょう。

 

また、アコギのストロークでの奏法が多いような場合は非常に薄いタイプのピックを使うと安定しやすいという方も多くいます。ですが、ある程度上達するためには薄すぎるピックよりもミディアム以上の厚みのピックの使用をおすすめします。

 

こちらはSCHECTERのオニギリ型のミディアム(左)とティアドロップ型のミディアム(右)

 

Jim Dunlopというメーカーで言うところの0.88mm〜1.00mmくらいがだいたいミディアムくらいでしょうか?

 

こちらがJim Dunlopのピック。全てティアドロップ型ですが厚さや材質、形も微妙に違います。

 

Jim Dunlopのピックは材質や形が非常に豊富で亀のロゴやワニのロゴなどがプリントされていて可愛いですね。

 

僕も気に入ってよくJim DunlopのJazzⅢ Tortex 0.88mm(下画像右)を使っています。

このように実際に僕も様々なピックをストックしています。

 

その中からもちろん1番好きなものを見つけたり、ピックの形や材質、コンマ数ミリの厚さの違いによって弾き心地も音色も変わる事があるので使う楽器や出したい音に合わせてチョイスすることも多々あります。

 

ピッキングの感覚も日々変わっていくものなので色んな種類のピックをストックしておいていつでも試せると新しい発見があるかもしれません。

 

僕は新しいものや気になるものを見つけるとすぐに試すようにしてます。

 

気になる方はFS Guitar Schoolでもストックしているピックが試せますので是非遊びに来て下さい。

 

それでは楽しんで♪

 

 

藤沢、湘南台、長後、高座渋谷のギターレッスンならFS Gutar Schoolにおまかせ♪
エレキギター、アコースティックギター、Rock、Pops、Jazz、アドリブ、音楽理論等々なんでもギターに関する事でしたらなんでもご相談下さい♪
FS Gutar School

住所:神奈川県藤沢市下土棚1792-1コーポ土棚1-133

 

02
7月

料金システム

神奈川県藤沢市にてマンツーマンのギターレッスンを行なっているFS Guitar Schoolのしゅうです。

 

 

こちらではレッスンを始める際の料金システムについてご説明いたします。

 

「マンツーマンのギターレッスン受けてみたいけど高そうだなぁ」

「レッスンを始めるにあたって初期費用はいくらかかるだろう?」

「実際に体験レッスンに行って思った料金と違ったら断りにくいなぁ」

 

皆様ギターレッスンを検討するにあたって料金に関して大きなネックになる事のひとつではないでしょうか?

 

まずはじめにFS Guitar Schoolのレッスン料金は個人でやっている分、人件費がかからないのでお安いご料金での提供となっております。

 

大手教室との一番大きな差は入会金・教材費が無いので初期費用が安く済むという事でしょう。

 

また、様々な教室のHPなどを見てみると一見して入会金や教材費などが明記されていないので体験レッスンに行って説明を受けてみないと実際に通い始めるにあたっての初期費用がわかりにくい場合もあります。

 

 

ちなみに一般的な体験レッスンの際には本来のレッスンが60分ならば30分をレッスンの時間に充て、残りの30分を料金や教室のシステムの説明に充てるなど規則が決まっているので、実際に通い始めた際のレッスンの質が見えにくいという側面もあります。

 

その点、FS Guitar Schoolでは明瞭なご料金でのご提示と、一般の教室で言うところの体験レッスンのカウンセリング&トライアルレッスン90分/¥1,000で受ける事が出来ます。実際に入会が決まればその¥1,000はキャッシュバックをしているので実質無料でのご提供となっております。

 

 

では、一般的にレッスンを始めるにあたっての初期費用はだいたい幾らかかるでしょうか?

 

(例)料金システム

 

A社 月2回から(1回60分) 

当月分お月謝¥10,800(税込)+翌月分お月謝¥10,800(税込)+教材費(半月毎)¥3,240(税込)

=合計¥24,840

 

B社 月2回から(1回45分) 

当月分お月謝¥10,800(税込)+翌月分お月謝¥10,800(税込)+入会金¥2,160(税込)

=合計¥23,760

 

※上記は実際に僕が担当している教室の料金の一例です。

 

FS Guitar Schoolの場合

入会金・教材費一切なし

1回のレッスン60分

月1回 ¥5,500 (税込)

月2回¥10,000(税込)→ 1回あたり¥5,000

月3回¥13,500(税込)→ 1回あたり¥4,500

月4回¥16,000(税込)→ 1回あたり¥4,000

回数が多くなるにつれて一回あたりのレッスン料金が安くなるのでお得です。

 

また、他にはあまり無い特徴として月1回からのレッスンも可能となっております。

 

なお、翌月のお月謝はその月の最後のレッスン日にお支払いなのでレッスン開始時の初期費用の心配がありません。

 

月1回であれば入会時に¥5,500(税込)、レッスン終了時に翌月分¥5,500(税込)のお支払い。

 

月2回であれば入会時に¥10,000(税込)、2回目のレッスン終了時に翌月分¥10,000(税込)のお支払い。

 

このように分かりやすい料金と低価格で大手スクールの半額以下の料金でレッスンを始める事が出来ます。

 

また、非常に言いにくい事ですが、入会キャンペーンと謳い楽器の無料プレゼントを行なっているスクールも多々ありますが正直おすすめは出来ません。

 

 

楽器の選び方などの記事やおすすめの楽器の記事なども書いているのでそちらも合わせてご覧いただけたら幸いです。

 

これからギターを初める方におすすめのギターの選び方

これからギターを初める方におすすめしないギターの選び方

独断と偏見で紹介するこれからギターを初める方におすすめのエレキギター

 

藤沢、湘南台、長後、高座渋谷のギターレッスンならFS Gutar Schoolにおまかせ♪
エレキギター、アコースティックギター、Rock、Pops、Jazz、アドリブ、音楽理論等々なんでもギターに関する事でしたらなんでもご相談下さい♪
FS Gutar School

住所:神奈川県藤沢市下土棚1792-1コーポ土棚1-133

 

01
7月

ギターお役立ちアイテム

先日、とある教室のレッスン前の待合室にて弦が切れてしまったという災難な生徒さんが、目の前で苦戦しながら弦交換をしてました。

 

見ていると一本張るだけでもなかなか難しそうだったので、手助けをするとあまりの早さに感動の様子でした。

 

慣れないと弦交換も難しいものですよね。

 

そんな弦交換のお役立ちアイテムを今回はご紹介しようと思います。

 

その名も「ストリングワインダー」

Google検索すると一発で色んな種類のものが出てきます。

 

写真のものは楽器屋のレジの前に置いてあったりする300円くらいの安いものです。

 

数千円するようなものは使用感がガッチリしてたりニッパーまで付いてたりと色んなものがあります。

 

どんな風に使うかと言うと。

 

ギターのペグを回したり。

 

 

アコースティクギターのブリッジピンを抜いたり出来る代物であると便利です。

 

その生徒さんもこのアイテムを知らなかったようで目からウロコのようでした。

 

僕としては意外と知らない人が居るんだと知れて勉強になりました。

 

最初は慣れないと難しい弦交換、FS  Guitar Schoolではもちろん弦交換のレクチャーも可能です🎶

 

是非一度カウンセリング&トライアルレッスンへお越し下さい。

 

藤沢、湘南台、長後、高座渋谷のギターレッスンならFS Gutar Schoolにおまかせ♪
エレキギター、アコースティックギター、Rock、Pops、Jazz、アドリブ、音楽理論等々なんでもギターに関する事でしたらなんでもご相談下さい♪
FS Gutar School

住所:神奈川県藤沢市下土棚1792-1コーポ土棚1-133

 

 

TOP