20
10月

【試奏レポートvol.1】Ibanez AZ

こんばんわ!

 

神奈川県は藤沢市にてギタースクールを営んでいます。しゅうです!

 

以前から気になっていたIbanezのAZを試奏してきましたのでレポートします。

 

まずIbanezのAZには大きく分けて2種類あります。

 

AZ Pestige

AZシリーズのフラッグシップモデルで国産メーカーのFujigenがOEMで製作している機種です。

 

AZ Premium

こちらはAZの安いほうです。店員さんに聞いたところインドネシアの工場で作っていると言っていたと思います。

ごめんなさいうる覚えです(汗

 

実際の見た目は↓イシバシ楽器の商品サイトにも飛べます。

 

 

Ibanez / Prestige AZ2204F Transparent Aqua Blue【S/N F1909526】販売価格 273,900円  (税込)

 

 

 

Ibanez / Premium AZ224F Transparent Ruby (TTR)【S/N I190218714】販売価格 152,900円  (税込)

 

 

 

この二本見た目は色以外ほとんど一緒ですよね?

 

実は色以外にも弾いた感じもほとんど一緒でした!

 

基本的にどちらも各部のスペックは一緒のようですが、ネックの感じがPremiumのほうがほんの少しだけ細いような感じがしました。

 

おおまかな部分は機械での製作といえど人の手が必ず入るので個体差ですね。

 

ただ、どちらもほぼ一緒という感じです。

 

気になるネックのフィーリングは?

Ibanezのエレキギターといえばネックが薄くてとても細く感じるものというイメージが少なからずあると思いますが

AZシリーズは細くもなく太くもなくという感じです。

もしかしたら人によっては少し太く感じるかな?という印象

 

個人的にはコードもソロもとても弾きやすいという印象。

 

僕の所有しているFujigenのEOSにもちょっと似てるような気がします。

 

 

そのほかに少し違うなと感じたのは高音の音の伸び方

Prestigeのほうが若干ハイエンドが出るかなぁという印象

実はPremiumのほうに張られていた弦が少し劣化していたこともあり

弦の差あるので判断しきれないです。

 

それ以外のところに関してはこの2機種は何が違うの!?という感じです。

 

AZ PremiumとAZ Prestigeの違い

スペックを見てみるとブリッジくらいかな?

PremiumはGotoh® T1502 tremolo bridge

PrestigeはGotoh® T1802 tremolo bridge

という事みたいです。

 

この2種類は材質が違うようですが、そこらへんの違いがちょっとした音の違いにつながっているのか?

 

それとも逆にブリッジの重さはほぼ同じにしていてほとんど同じ音に揃えているという事なのだろうか?

※実はギターのペグやブリッジの重さというのは音色を左右するのに非常に重要な部分になるみたいです。

 

どちにせよIbanezとGotohのコラボレーションということでAZ専用に作られたブリッジという事ですね。

 

どちらも2Pointだしロックペグなのでチューニングの安定度は十分ですね。

 

さて、パッと見ほかの違いがよくわからないので個人的お気に入りポイントでも発表します。

 

AZシリーズの個人的お気に入りポイント

 

・ステンレスフレット

これは個人的にめちゃくちゃ嬉しいです。

通常のニッケルフレットは長く弾いていると磨耗してきて、いずれ「すり合わせ」や「フレット交換」という作業が必要になるのですが、ステンレスフレットに関しては一般的なギター弦よりも硬いのでほぼ削れません。

 

それからニッケルフレットの場合はずっと弾いていなかったり放置しているとくすんでしまったり錆びてしまったりチョーキングしたさいのスムーズさを損なってしまうことがあるのですが、ステンレスフレットはそう言った事が一切ありません。

 

 

・ルミインレイ

サイドポジションマークが蓄光なので暗闇で光るようになってます。

普通は無い事ですけど、1度演奏中にステージが完全暗転してしまってネックのポジションが一切見えなくなって焦った事があります。そんな時でもルミインレイがあれば安心です。

 

 

・色んな音が出る

AZには音の選択肢を増やすAlterスイッチなるものが付いています。

個人的に色んな音が出る仕様や謎のスイッチなどが付いてるのが好きです。

 

これ一本で様々なジャンルに対応出来ます。

 

それ以外の演奏性や音色に関してはいわずもがなという感じです。

非常にクオリティが高いのでいつか僕も一本欲しいなぁと思っております。

 

 

長年ギターを弾いて、色んなギターを所有したり、見たり、弾いたりしてるとこの価格帯でこのクオリティは非常にお安く感じますけど、レッスンで色んな生徒さんとお話ししていると自分の感覚はズレているんだなと思います(笑

 

確かに15万〜は安く無い。

 

 

ということで結論、どちらも「すごく良い!!」

 

 

藤沢、湘南台、長後、高座渋谷のギターレッスンならFS Gutar Schoolにおまかせ♪
エレキギター、アコースティックギター、Rock、Pops、Jazz、アドリブ、音楽理論等々なんでもギターに関する事でしたらなんでもご相談下さい♪
FS Gutar School

住所:神奈川県藤沢市下土棚1792-1コーポ土棚1-133

 

 

TOP