27
10月

機材整理【楽器買取】奏屋

神奈川県藤沢市にてマンツーマンのギターレッスンを行なっているFS Guitar Schoolのしゅうです。

 

 

今回は出番がなかなか無くなってしまった楽器を整理するべく出張買取を行っている「奏屋」さんを呼んでみました。

 

 

かなで屋

 

今回査定してもらったのはFender Custom Shop Stratcaster 1969NOSです。

 

 

2005年頃にアメリカのギターセンターから直接連れて帰ってきた思い出の一本ですが、最近出番もかなり少なくジャックにガリが出る状態までなってしまっていた為、ちょっと寂しいですが整理しました。

 

 

NOSというのは「New Old Stock(新古品)」を意味していて、その当時のモデルを新品として再現・製作されたものですが、長年使い込んだのであちこち塗装が欠けていたりフレットやナットもかなり減っていたり、ピックガードやアッセンブリも改造しているのでかなり貫禄?のある状態です。

 

 

1969年モデルということで搭載されているピックアップはアビゲイルピックアップと呼ばれ、1950年代からfenderでピックアップの製造に携わっていた有名なAbigail Ybarra女史のサインが入ったものです。

 

 

実はアビゲイルさんのサインはいくつかあるようでこのストラトに入っていたサインは「AY」とイニシャルと製造年月日入ったのものでした。

 

 

ちまたの噂によるとアビーが直接巻いたものではなく監修したものなのではないか?という話もあるのでその真意は定かではないです。

 

 

ちなみにアビゲイルイバラさんは数年前に引退しているようです。

 

 

写真ではわかりにくいですが、塗装があちこちかなり欠けていたりフレットとナットが磨耗していたり改造がされてボロボロなので「あまり高い値段はつかないだろうなぁ〜」という状態です。

 

 

実際にスタッフの方に見てもらうと案の定、査定額は5万円という値段でした。

 

 

スタッフの方からは「逆にfender custom shopををここまで使い倒せるなんて羨ましい」と言われました(笑

 

 

もう少し、値段が付けば即答だったのですが悩んでいると「品川から来ているので出来る事なら買取をして帰りたい」との事でした。

 

 

てっきり、一番近くの鎌倉の店舗から来ているかと思っていました。

 

 

「他にもなにかエフェクター等々あれば頑張ります」との事だったので、これは本当に1円もつかないだろうなぁという出番の無いレスポールモデルのギターだったり、fender mexicoのTelecaster ThinlineだったりArionのStereo Chorusだったりマーシャルアンプのフットスイッチだったりも合わせて出してみると本当に頑張ってくれました。

 

 

「もう一声!」と言うと

 

 

実は楽器意外にもオーディオやカメラ、自転車、テレビ、電動工具、ブランド品、アクセサリー、ゴルフ用品、釣り具などの買取も行っているようで、その中で他にもなんでもあれば頑張りますという事だったので、使わない釣竿とリールをつけると最終的に◯◯万円になりました。

 

 

ギター一本だけを整理するつもりが行き場に困っていたものも整理できたので助かりました。

 

 

出張買取を頼んだのは初めてですがわざわざお店に持ち込まなくていいっていうのは非常に便利ですね。

 

 

ついでに予定外のものも整理できてよかったです。

 

 

査定額に折り合いがつかなくて帰ってもらっても費用がかかる事はないみたいなのでみなさんも機会がありましたら是非呼んでみて下さい♪

 

 

かなで屋

 

 

藤沢、湘南台、長後、高座渋谷のギターレッスンならFS Gutar Schoolにおまかせ♪
エレキギター、アコースティックギター、Rock、Pops、Jazz、アドリブ、音楽理論等々なんでもギターに関する事でしたらなんでもご相談下さい♪
FS Gutar School

住所:神奈川県藤沢市下土棚1792-1コーポ土棚1-133

 

TOP