Category: 音楽理論

04
7月

僕が音楽理論を学んだ本

実はというと僕は音大も音楽の専門学校も通った事がないので音楽理論というものを誰かからじっくり習った事がありません。

幼少期にヤマハ音楽教室に通っていたりギターレッスンも受けていた事があるのでまったく習った事がないというわけでもないですが、多くの部分はほとんどこの本で身につけました。

この1冊に土台となる部分は全て詰まっています。音楽理論に興味があるならこういう本を1冊持っておいても良いかもしれません。

 

Amazonリンク

 

藤沢、湘南台、長後、高座渋谷のギターレッスンならFS Gutar Schoolにおまかせ♪
エレキギター、アコースティックギター、Rock、Pops、Jazz、アドリブ、音楽理論等々なんでもギターに関する事でしたらなんでもご相談下さい♪
FS Gutar School

住所:神奈川県藤沢市下土棚1792-1コーポ土棚1-133

 

26
6月

音楽理論はなぜ必要?

今日は、ギターを弾くうえでの音楽理論の必要性について話したいと思います。

まず、はじめに音楽理論とはどんなものでしょうか?

ざっくりと言い表すとそれは「人の耳にどういう風に聞こえるか」をまとめ文章や図形、表などに置き換えて表し、音楽をより理解したり、ヒントを得るための方法論です。

それでは、音楽理論はすべてのギタリストに必要な知識なのでしょうか?

答えはNOです。何故ならば音楽理論を明確に知らなくても市販の書籍や音源などを活用してギターを弾くことや音楽を楽しむ事は可能で、人それぞれ持っている目標や目的、能力、思想などによって異なってきます。

ですが、音楽理論の勉強をした事が無い、一切知らないと思っている方々でも、実は多くの方々がすでに音楽理論のほんの一部を知っています。

皆さん、「ドレミファソラシド」という音階はご存知でしょうか?

そして、「ドレミファソラシド」と聞いてなんとなくその響きを頭の中に思い浮かべたり、口ずさむ事が出来るでしょうか?

さらに、「カエルのうた」を口ずさめるでしょうか?

「かーえーるのうーたーが・・・」

もっと言うと「ドーレーミーファーミーレードー・・・」という風に音名で口ずさむ事が出来るでしょうか?

多くの方々が知っている「ドレミファソラシド」の音階の定義やそれらを並べ替えたり組み合わせたもので音楽を奏でる事が出来る事、その響きや仕組みを知り活用する事、それが音楽理論なのです。

ただ、一つ音楽理論が必要無いという例があります。

それは、とんでもなく耳が優れていて、聞き取ったり、思い浮かんだりしたどんな音でも容易に再現する事が出来る方です。

ですが、それは絶対音感という感覚の持ち主の中でも実は極々ほんの一部のようです。

 

それでは、どんな方々に音楽理論は必要でしょうか?

・楽器の上達を早めたり理解をより深めたい。
・作曲がしたい。
・楽曲のアレンジがしたい。
・アドリブがしたい。
・音感を鍛えたい。     
・耳コピがしたい。etc…

例を挙げると多くなるので割愛しますが、音楽を表現する事、理解する事などをより深め、より円滑に、より明確にしたい方々にはとても有意義な知識になる事は間違いありません。

 

ただし、音楽理論を身につけたとしてもその瞬間から自由に作曲やアドリブが出来るようになるという訳ではなく。音楽理論を身につけてから様々な楽曲やアドリブを研究する事により初めて実践的に使えるものになるのです。

つまり、ある一定のレベルを超えるには音楽理論という知識が欠かせないものとなっており。音楽理論を身につける事によりはじめてそのスタートラインに立てるのです。

 

そして、音楽理論とは歴史上の様々なミュージシャン達が後世に残した大きな財産だと僕は思います。

 

参考になれば幸いです。

 

FS Guitar Schoolでは音楽理論の指導も行なっております。是非一度カウンセリング&トライアルレッスンにてご相談下さい。

お問い合わせ

 

 

藤沢、湘南台、長後、高座渋谷のギターレッスンならFS Gutar Schoolにおまかせ♪
エレキギター、アコースティックギター、Rock、Pops、Jazz、アドリブ、音楽理論等々なんでもギターに関する事でしたらなんでもご相談下さい♪
FS Gutar School

住所:神奈川県藤沢市下土棚1792-1コーポ土棚1-133

 

TOP